【スピリチュアルトーク】統合する前に分離が起こる理由 – ツインレイのサイレントの真意

① 分離によって現れる底点

現在の地球の状況を見ると、地球はワンネスに向かうどころか、
さらに分離に向かっているようにも見えるこの頃ですが、

その理由について尋ねたところ、
このようなメッセージが返ってきました。

「分離から統合が生まれる。」



最初、私はその意味がよく判りませんでしたが、
それに伴うビジョンを受け取ったとき理解しました。

それは、ひとつのエネルギーが二つに分かれて、
その合間の接点から、新しいエネルギーが現れてくるビジョン。

新しいエネルギーは、次第に大きくなって、
やがて、分離した二つのエネルギーを融合しながら、
ひとつとなって、調和していきます。

この新しい第三のエネルギーは、
二者の間から生まれた統合の作用を持つものですが、

これは中途半端な分離からでは、作用することは出来ないそうです。

何故なら、分離によって現れる、
最も深い部分の “底点” から動き出すからです。

底点は、二つのエネルギーが繋がっている接点で、
元はひとつの核となる原点。

この底点が表に現れるためには、
中にあるものを取り出す時、私たちがそれを割ったりするように、

外側を覆っているものを、一度破壊しなければなりません。

統合とはこのように、破壊と再生のプロセスによる、
原点回帰から起こるということです。


② 破壊と再生のプロセスの中で

では、どのような時に、分離から統合が起こるのでしょうか。

それは、ひとつのエネルギー体が、
それを維持できないほどの不調和が生じたときや、
次なる進化を迎えるとき。

私たちを含む地球上の生命、そして地球そのものも、
様々な形でこのプロセスを繰り返しています。

これは、地震などの災害にも当てはまります。

例えば、火山の噴火は、
分離した底点から噴き出した第三のエネルギーが、
今までの大地を飲み込みながら、新しい大地を形成していきます。

では、激しい分離が起こったら、完全に切り離れて、
別々のものになってしまうのではないかと思われる方も
いらっしゃると思いますが、

そのことについては、このように受け取りました。

元々、別々のものがくっついて、ひとつとなっている場合、
それは起こり得ますが、

本来ひとつのものが分離した場合、
切り離れることは無いということです。

何故なら、根っこはひとつであるから。

これは、全ての物事に当てはまらないかもしれません
少なくとも、現在の世の中に起きていることは、

どのように見えたとしても、
ワンネスに向かうための統合過程であるということです。


③ ツインレイにも当てはまる

話は少しそれますが、私はYouTubeを始める前に、
長くツインレイの記事を書いてきました。
⇒ SOPDET

私の記事は、様々なサイトやYouTubeなどでご紹介されていますので、
目にされた方もいらっしゃるのではないかと思いますが、

ツインレイとは、元はひとつの完全なる魂の片割れで、

その物語は、激しい分離を伴いながら、
統合していく過程を経験します。

先ほどお話した、
分離から統合が生まれるメカニズムを知った時、
私は、これはツインレイにも当てはまると思いました。

核となる底点が表に現れなければ、
真実の統合を起こすことが出来ないということは、

激しい分離を経験しなければ、
ツインレイの統合のプロセスも始まらないと言うこと。

本来ひとつの魂であるツインレイのサイレントは、
一見、分離をしているかのように見えても、
底点で繋がっているため、本当の意味では分離では無いと言えます。

そして、底点が表に現れることで、
二人が、その繋がりの真実を知ることも出来ると思います。

今回受け取ったメッセージによって、
何故、ツインレイの統合に分離が必要であるのかを、
より理解することが出来ました。


④ 分離の先に目を向ける

現在の世の中の状況を見ていると、
感情的に、様々な想いが沸いてくると思いますが、

地球がワンネスに向かうために、
通過している地点であることを受け入れて、

一人でも多くの人々が、
分離の先にある統合に目を向けることが出来るなら、

地球の進化のプロセスを、
より早く進めることが出来ると思います。


この記事は動画にアップしています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。