T細胞ヒーリング – 新型コロナウイルス後遺症の改善や免疫活性に

① T細胞とコロナウイルス

高い免疫力を持つ人が、
新型コロナウイルスに感染しにくいことは周知の通りですが、

最近の研究で、新型コロナウイルスに感染して重症化となる要因に、
T細胞が関わっていることが、各国の様々な研究で明らかになってきています。

T細胞は、がん細胞やウィルス感染細胞などの異常細胞を見分けて、
それらを集中的に攻撃して排除する機能を持つ免疫細胞です。

ネイチャー誌に掲載された内容によりますと、
新型コロナウイルスに感染した人と同居しても発症しなかった人は、

それ以前に他のコロナウイルスによる一般的な風邪を経験したことから、
T細胞の体内レベルが高かったことが分かったということです。

また、京都大学で行われている研究では、
新型コロナウイルスが体内に侵入した時、このT細胞が十分に働かない場合、

全身にウイルスのタンパク質などの欠片がとどまり、
さまざまな症状が残り続けると考えられています。

それは、T細胞の力が弱いために、
新型コロナウイルスの後遺症が長引いてしまうことを意味しています。

ということは、新型コロナウイルスにかかりにくくするためにも、
感染してしまった人の後遺症やワクチン後遺症の改善にも、
そうでなくても、健康的に生きる上でも、

T細胞を強く元気にしておくことは、有効なことであると言えると思います。


② T細胞ヒーリングの試み

私はヒーラーであるため、
日々ご相談に応じたヒーリングの施術を行っていますが、

近年は、新型コロナウイルスの後遺症やワクチン後遺症の、
ご相談を受けることも増えてきています。

症状としては、倦怠感や原因不明の不調、脱毛や生理不順、
睡眠障害など、人によって様々ですが、

酷い場合には仕事に出かける事も出来ず、
家に引きこもりの状態となっている人もいらっしゃいます。

今年の1月頃、後遺症改善の鍵がT細胞にあることをニュースで知ってから、
T細胞にフォーカスしたヒーリングを、この数か月実践してきたところ、

次第に良いご報告を頂けるようになってきています。

ヒーリングのエネルギーは、意図したところへ送り込むことが可能です。
そして、ターゲットを絞るほどに、強いパワーを送ることができます。

そのため、T細胞がどのような形で、
どこで作られているのかを少しご説明したいと思います。


③ T細胞について

T細胞はリンパ球の一種で、
免疫の中心的役割を担う重要な免疫細胞です。

このような形をしていますので、
このイメージを覚えておいてください。

免疫細胞は、骨髄で作られてから体内に送り出されますが、
T細胞だけは、その分化の途中で胸腺に移動します。

そして、胸腺の中で教育を受けながら成熟したあと、
T細胞として働けるかどうかのテストを受けます。

このテストはとても厳しくて、
2%のT細胞しか合格しないと言われています。

テストに合格したT細胞は、脾臓でさらに活性化されます。

このことから、T細胞を強化するために適した場所は、
T細胞が成熟する胸腺という事になりますので、
T細胞ヒーリングは、胸腺をメインとして行います。

胸腺の位置は、胸の中央のあたりの、胸骨の裏側、
心臓の前側に位置していますので、胸腺の場所も覚えておいてください。

ここでひとつ、理解して頂きたいのは、

T細胞ヒーリングを行っても、
すぐにT細胞が強化される訳ではありません。

それは、私たちがイメージしたものを、
具現化するまでに時間がかかるのと同じように、

T細胞が強化するまでにはタイムラグが発生するからです。

T細胞にフォーカスしてヒーリングを行うことで、
T細胞は活性化を始めます。

そして、ヒーリングをしてから少しずつ変化を始めて、
次第に強くなっていきます。


④ T細胞ヒーリング

それでは、T細胞ヒーリングのご説明をいたします。

胸腺はハートチャクラに位置しているので、
ハートチャクラの色である緑色を使用します。

(1) 胸腺の上に、両手を重ねて置きます。

この時、利き手を下にして、
手がハート型になるようにしてください。

(2) 胸腺の中にあるT細胞にフォーカスして、
掌の中心から緑色のエネルギーをT細胞に向けて流します。

この時、スポットライトの光が、
T細胞を直射しているようにイメージすると良いでしょう。

(3) T細胞が緑色に輝いて、
大きく膨らんでいくことをイメージします。

そして、大きく膨らんだT細胞が分裂して、
T細胞の数が増えることをイメージします。

(4) ヒーリングを続けながら、アファーメーションをします。

「私のT細胞は、日増しに強く育っていきます。」
「私の免疫は、日増しに高まっていきます。」

(5) T細胞に十分に光を流したら、
同じように胸腺にも光を流して、

胸腺が緑色に輝いて、
活性化していくことをイメージします。

(6) そして、同じようにハートチャクラ全体にも緑色の光を流して、
ハートチャクラが緑色に輝いていることをイメージします。

胸腺は、ハートチャクラに対応する、とても重要な臓器で、
免疫はハートチャクラのテーマの愛と密接に関わっています。

T細胞と胸腺を強化することで、免疫システムが活性化をして、

愛の問題も少しずつ癒されて、
ハートチャクラのパワーも上がっていきます。


この記事は動画にアップしています。

関連記事一覧

  1. この記事へのコメントはありません。