• HOME
  • ブログ
  • Blog
  • 動物たちの保護活動 – アロマやカラーセラピーを用いた治療と癒し Kritter Klub

動物たちの保護活動 – アロマやカラーセラピーを用いた治療と癒し Kritter Klub

新しくブログを始めました。ここでは、日々の中で気づいたことや、記事では伝えられないものなどを綴ってみたいと思います。

このサイトを開いたのが、今年の1月。そして、2月からYouTubeチャンネルを開設して、記事との連動を始めました。

サイトをオープンした当初、YouTubeを始める予定は無かったのですが、社会に役立つ情報を伝えるツールとしての、YouTubeの大きさと素晴らしさを感じた、私がYouTubeを始めるきっかけのひとつとなったチャンネルがあるので、ご紹介したいと思います。


Kritter Klub – YouTube

再生回数が多いので知っている人もいらっしゃると思いますが、このチャンネルは、捨てられたペットや生きることが困難な状況の動物たちを保護したり、心のケアをサポートしたり、それらを受け入れる人たちを見つけることをサポートしているチャンネルです。

韓国のチャンネルですが、初めは動物愛護の団体が配信しているYouTubeだと思って見ていました。しかし、動画を見ているとSBSの文字が目に入り、それがテレビ局が番組として放映してきた動画であることに気付きました。

捨てられたり自力では生きてけない動画たちが保護され、獣医が治療をして、精神もケアされて、適切な環境や新しい家族の元へ迎えられていく。

新しい家族がすぐに見つからなくても、番組を見た視聴者からの希望や援助が集まって、やがて幸せになって行く。そんな動画が何百と出てきます。

現地を検証する人、動物を保護する救助隊、獣医や心理をケアする人、その子を受け入れる人、そこに出てくる人たちはみんな愛を持って動物に接していて、どの動画も涙無くして見ることは出来ないほど、愛の大切さを訴えるメッセージが込められています。

これらの活動と伝達にはお金がかかりますが、テレビ局であるからこそ、ここまでのことが出来るのでしょう。私は韓国語を独学で勉強していますが、韓国に知り合いがいないので、番組のことを詳しく聞くことが出来ませんが、メディアとYouTubeの力を生かした動物愛護の活動は、ひとつの素晴らしきロールモデルではないでしょうか。


そして、私が今回伝えたい、特筆すべきこと。

それは、いくつかの動画の中で、心に傷を負ったペットたちのトラウマの治療に、獣医さんや動物行動学のスペシャリストと連動して、アロマテラピーやカラーセラピーなどの療法が効果的に用いられていること。

こちらの動画は、トラウマの体験から、自分自身の足に噛み付く自傷行為を繰り返す犬の心のケアにアロマが使われています。(日本語字幕をオンにして見てくださいね)

また、こちらの動画は、捨てられた犬がその後、心無き人に虐待されて、眠りに入ると悪夢で目覚めて熟睡出来ない状態で保護され、その癒しにアロマとカラーのセラピーが用いられたいます。

こちらは、家が全焼して火事になり、全身に火傷を負った飼い主が病院で入院している間、焼け崩れた家の前で飼い主を待っている犬のお話。犬は怪我をしていて、保護された後、視聴者からの寄付によって、退院したおじいさんと犬は、新しい家に住むことが出来ました。


韓国のペット事情は日本よりも遅れているかもしれません。見ているとまだ、外飼いの犬たちも多いです。しかし、獣医と連動してアロマ等がセラピーとして用いられいることは、素晴らしいあり方と感じます。また、そこに取り組む人たちの姿は、このチャンネルを通して世界中から共感と共鳴を起こしています。

この番組を見ていると、簡単にペットを捨ててはいけないことが、身に染みて伝わってきます。

いま日本でも殺傷分ゼロにするために沢山の人たちが働きかけていると思います。私もポチパパさんのチャンネル等を時折見ていますが、YouTubeの伝える力を生かした社会活動は良き方法だと思います。

私がYouTubeを始めるきっかけとなったのは、これだけではありませんが、このチャンネルがその後押しになったことは間違いありません。そして、ここに紹介したようなチャンネルは他にもあると思います。

私は犬を飼っているので、犬動画ばかりのご紹介になってしまいましたが、猫やその他の動物達も出てきます。Kritter Klub 良かったら日本語字幕で見てみてくださいね。




  1. この記事へのコメントはありません。